カヤネズミ調査の季節です

カヤネズミの調査は初夏(6月頃)と秋(10~11月頃)の年2回実施します。
カヤネズミの棲むカヤ原は、草原性動植物の貴重なすみかとなっていますが環境の変化や開発による消失などで全国的にも激減している環境です。
この調査は、カヤネズミを指標として里地のカヤ原全体の状態を評価することを目的としています。

NACS-Jが事務局を行っているモニ1000里地調査では全国で12か所のカヤネズミ調査サイトがあります。
全国の草地環境を把握するためにも、調査にご協力をお願いします。

※現在はカヤネズミの繁殖期でもあるので、もし見つけた際は巣には触れずに遠くから見守ってください。