わらちゃんのつぶやき(2/13 ~ 19 ) 田んぼの生物多様性向上!

モニ1000里地調査シンポジウム報告続編です!

  • 1月26日に開催したモニ1000里地調査シンポとサイト間交流会にご参加くださった方が報告を日記に書いてくださいました!とても詳しい内容です(*´艸´)ありがとうございます!!|モニ1000 里地調査シンポジウム http://t.co/CFQxi2ym 2013-02-14
  • “活動を、広く住民へ知らせる方法を質問した所、会って知らせるのが一番大切で、手と口と”真心”で、一人ひとりに伝えていくのが大事という答えをもらいました。”真心”をもって”熱意”を伝える事が、シンプルだが、相互理解には、最も効果的ということでした。” 2013-02-14
  • 私もこのお話、会場にいて、いちばんすきなお話しでした。うんうん、真心、大切ですよね!(私もパソコンから抜け出して、そのうちたくさんの里にいかねば!(●`д´●)ゝ ) http://t.co/rAtbAjR4 2013-02-14

田んぼの生物多様性条約向上10年プロジェクトキックオフ!

  • ラムネットJさんが主催した「田んぼの生物多様性条約向上10年プロジェクトキックオフ集会」が開かれました!|東京新聞:生物多様性向上 田んぼから実践 小山で10年プロジェクト始動集会:栃木(TOKYO Web) http://t.co/fvwgFs17 2013-02-14
  • この計画は、水田の生物多様性向上にむけ、生物多様性条約愛知目標に準じて田んぼに関する行動を示したものだそうです。ラムネットJさんのホームページにもこのキックオフ集会やプロジェクトの紹介があります。http://t.co/AfOWHQYw 2013-02-14
  • “最近は国際条約でも田んぼの生物多様性への関心が高まり、2008年にはラムサール条約第10回会議で、水田の生物多様性向上をめざす「水田決議X.31」が、2010年には生物多様性条約第10回会議で、ラムサール水田決議を取り込んだ「農業生物多様性」決定X/34が採択”(一部省略) 2013-02-14
  • モニ1000里地調査速報No.3でもラムサール条約会議の水田決議のことが記事に書かれています。どうぞご覧ください♪|http://t.co/x8oeUwop (4ページめ) 2013-02-14

暦のお話 ~「雨水」です~

  • 今日か3月の4日までは、暦の二十四候では「雨水(うすい)」というそうです。雪が雨になるころの季節に名前がついたのだそう。今日の東京も雨、ですが…寒いさむい(´;ω;`)。。真冬からは暖かかくなっているはずなのに、体のほうが先に春仕様になっているからのでしょうか、ぶるぶる。 2013-02-18
  • 二十四候は一年を24に割っているので約15日間。それをさらに3つに割って、5日ずつに名づけられているのが七十二候といいます。雨水の間の七十二候は、初候:土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)、そして霞始靆(かすみ はじめて たなびく)、草木萠動(そうもく めばえ いずる)。 2013-02-18
  • まるで詩のようですね。昔の方々の自然観察眼がうかがえます! 2013-02-18
  • 春にむかう足音にそばだてながら、古くからの季節の呼び名と身のまわりの風景を比べると、いつもとちがうものが見えてくるかもしれませんね(*´艸´) 2013-02-18

 tanbo