わらちゃんのつぶやき(2/20 ~ 26 )   カメさんをしらべます!

自然しらべ!2012年は「貝がら」。そして2013年は「カメ」ですよ!

  • 毎年テーマをかえて全国の自然の健康診断をする「自然しらべ」!今年のテーマは貝がらでした。その報告会の様子です(●´∀`)|「自然しらべ2012 貝がらさがし!」成果報告会を開催しました。 http://t.co/rhQS6xFAJJ 2013-02-21
  • “サクラガイは、同じように見える近縁の貝がらでも種によって大きく分布状況が異なっていたことや、外来種の貝の分布の広がり具合が予想と異なっていたこと、関東地方の貝塚で見られる貝がらの食文化の話、タカラガイを見分けることで歴史をひも解く糸口になること、など大変興味深い内容でした。” 2013-02-21
  • ふむふむ、貝がらからも奥深くから自然の声が聞こえてくるようです。今回の結果は「自然しらべ2012 貝がらさがし!報告書」(3~4月発行予定)で詳しく紹介されるそうです!注目していてください(*´∀`)ノ゙ 2013-02-21
  • 来年度(2013)の自然しらべのテーマは「かめ」!詳細は来年度4月以降の公開となると思います。多くの方の参加をお待ちしています(●`д´●)ゝ「自然しらべ」のページはこちら→http://t.co/b3xgCHeEdc http://t.co/lsKqi5wd0Y 2013-02-21
  • カメにまつわるエピソードも担当の方から教えてもらいました。ミシシッピアカミミガメという外来種が増えていることや、これまた外来種で問題のアライグマがカメの手足を食べてしまって体が不自由なカメが増えていたり…種の分布だけではなく、カメの生息環境についても見えてくるかもしれませんね! 2013-02-21

かめしらべ

東日本海岸植物群落調査についてです。
こちらも市民調査によって、広範囲の自然の様子がわかりました。

  • 先週もお知らせした東日本海岸植物群落調査の報告会が開催されました!こちらも報告がなされています。|2月16・17日連続の東北での東日本海岸調査の報告会、ありがとうございました。 http://t.co/FLZme0cxo2 2013-02-21
  • NACS-Jでは、過去に全国の海岸で実施した海岸植物群落調査のデータを活用し、市民参加で海岸植物の生育状況、砂浜の現況の調査を実施しました。(市民参加海岸調査)http://t.co/ZWiGt7K8T1 (東日本海岸)http://t.co/EorZnr1ZwG 2013-02-21
  • また2011年と2012年には植物群落調査に加えて「ふれあい調査」という、地域の人たちの海岸への思いや復興における海岸管理への思い、過去の津波の教訓などの聞き取り調査を行いました。 2013-02-21
  • 多くの方のご協力を頂いた調査から「海岸堤防・防潮堤復旧事業と海岸防災林復旧事業」への意見書も提出されました!|巨大防潮堤に依存することなく、健全な自然生態系の保全と防災が両立できる復興事業を― 防潮堤と防災林の復旧事業への意見書提出。http://t.co/N94NjDlX3F 2013-02-21

…詳細について、次の記事でもご紹介しています。