《市民が考える川崎の自然と生物多様性》 @神奈川県川崎市(12月1日)

12月1日(日)に神奈川県川崎市で、「NPO法人かわさき自然調査団」主催のシンポジウムが開かれます。

川崎市の自然を奥深く知ることができる機会です!
お近くの方はぜひご参加ください。(事前申込み制ですので、ご注意ください。)

—————————————————————————-
シンポジウム《市民が考える川崎の自然と生物多様性》
—————————————————————————-

・期日 2013年12月1日(日)
・会場 かわさき宙と緑の博物館(川崎市青少年科学館)
・主催 特定非営利活動法人かわさき自然調査団
・協力 川崎市青少年科学館
・助成 地球環境基金助成金

第1部 10~12時 《かわさき自然調査団が選んだ川崎の生物100選》
~まだまだ捨てたものではない川崎の自然~

第2部 13~16時 《市民が見つめる生物多様性》

基調講演1 大場信義(大場蛍研究所)
地域固有な自然観を育んできたホタルが棲めるような里地の保全と復元の意義

基調講演2 岸 一弘(茅ヶ崎野外自然史博物館)
里山の生物多様性は保全されているのか ―神奈川の低地域を例に

基調講演3 佐久間淳子(環境ジャーナリスト)
東電・福島第一原発事故がはからずも教えてくれた生物多様性
~福島県の里山・飯舘村で起きている生き物たちの異変~

基調講演4 倉本 宣(明治大学農学部教授)
大規模緑地における自然観の異なる主体の協働のあり方

パネルディスカッション コーディネーター 三島次郎(かわさき自然調査団団長)

※要事前申込
・お問い合わせ先:
特定非営利活動法人かわさき自然調査団 事務局
E-mail: npo★konrac.org (★→@)

※生田緑地内で食事のできる場所は限られていますので、お弁当持参がお勧めです。

chirashi_131201